睡眠に関連するニュースを毎週ピックアップしています。

9月第3週

9月20日

国民の20%が抱えるともいわれる不眠。睡眠薬を服用する人も少なくないが、実は不眠にはいくつかのタイプがあり、そのタイプごとに対処法も異なる。「不眠だからすぐに睡眠薬を処方するというのではなく、診察では生活習慣をよく伺って、本当に不眠なのかどうかを見極めます。なかにはちゃんと睡眠は取れていても、不眠と思い込んでいるケースもあります」


睡眠において、「時間」も大事ですが、「質」も大事です。加えて、寝るタイミングも大事です。人間は、夜寝るように仕組まています。電灯が普及して、夜中まで活動できるようになったのは、つい最近です。それまで、夜は闇で、活動しても効率が悪いです。そんなこともあり、身体の構造としては夜中に細胞の修復(メンテナンス)が行われています。なので、0時前(日付が変わる前)に、布団に入る習慣をつけましょう。


別名「睡眠ホルモン」のメラトニンが不足している場合、睡眠の質を上げるには食事にアミノ酸トリプトファンを含む食品を加える必要がある。卵、チェリー、バナナ、トマト、ナッツ、ハードチーズ、蜂蜜、オリーブ、ブロッコリーなどがそれに該当する。

9月19日

「なかなか寝てくれない」「夜中に頻繁に起きてしまう」といった、赤ちゃんの睡眠にまつわる悩みは尽きません。どうすれば赤ちゃんの寝つきがよくなり、夜中のグズグズが減るのでしょうか。4つのポイントを意識すると赤ちゃんの睡眠は変わるそう。大事なのは、今から紹介するポイントを7日間程度続けること。


さあ寝ようと思っても、外部の生活音などが気になって寝付けないことってありますよね。そうなると、中々眠れない!そんな時は、気になる音「ノイズ」を別の音「ノイズ」で包み込んで、気づきにくくさせるという方法があります。これって、飛行機や電車に乗っているときに、その揺れや音で自然と眠くなってくる現象とよく似ていますね。


夜泣きを経験した保護者のほとんどは、睡眠時間が削られる事でとても辛い思いをしているでしょう。だからといって、何とかして大人がコントロールできるものではないので、試行錯誤をしながら夜泣きと付き合っていく事となります。月齢が上がると共に夜泣きはおさまっていく場合もありますが、中にはどう対処しても夜泣きが続く場合があります。


最新研究で睡眠と認知症が深く関係していることが分かった。徹夜をしたり夜更かしを続けると、脳に老廃物が溜まり、認知症のリスクが高まる――そんな研究結果が明らかになった。なぜ、認知症と睡眠が密接に関係しているのだろうか。

9月18日

2日にわたって4時間睡眠が続いただけでも、食欲をコントロールするホルモンの分泌が乱れてしまうことがわかっているとのこと。睡眠不足の影響で、食欲を増やすホルモン・グレリンの分泌が増えます。そして、食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌が減ってしまうのです。その結果、食欲をコントロールしにくくなり、食事量が増えてしまうと考えられています。


コロナ禍において、免疫力を維持するための要素として「睡眠の大切さ」を認識している方も多いのではないでしょうか。しかし、生活の様々な変化の中で、“睡眠の悩み”が増加しています。そもそも、免疫と睡眠は深い関わりがあります。「寝付けない」、「途中で目が覚める」などの症状で睡眠効率が悪くなると、風邪の発症率が上がるという傾向もあります。


世の中には快眠BGMなども存在することから、これまでなんとなく音は睡眠にいいのだろうという認識がありました。しかし、なぜ音は睡眠にいいのか。また、実生活の中でより快適に眠るためにどういった形で音を使えばいいのか……といった日常生活における“具体的な音の活用法”を知りたい!


睡眠の悩みは、寝つきが悪い・途中で起きてしまう・日中に眠くなるなどさまざま。なかでも朝起きられないという方は、もしかしたらストレスが原因かもしれません。仕事や人間関係などでストレスがたまって発散できないと、睡眠に影響が出ることがあります。ストレス過多になると、脳が興奮した状態が続くため、就寝時にスムーズに睡眠に入れなくなってしまいます。

9月17日

睡眠は日中に蓄積した疲労を解消し、翌日に再び元気に活動するために必要となる、重要な心身の休養です。眠りたいときに眠れないという状況は、とてもつらいことです。早めに眠りたいのに、なかなか眠りが訪れず、布団の中で何時間もゴロゴロ過ごし、やっと眠れたと思っても途中で何度も目が覚めてしまい、熟睡感が得られない……。


金縛り以外にも、レム睡眠に関連する症状が頻発する睡眠・覚醒障害があります。例えば、ナルコレプシーと呼ばれる病気がそうです。脳を覚醒させるホルモンであるオレキシンが何らかの原因で枯渇するため、夜間に十分眠っていても、日中に強い眠気が生じる睡眠病の一種です。

9月16日

「いくら寝ても眠い」「どんなに寝ても眠気がおさまらない」と、強い眠気に悩む妊婦さんが少なくないようです。妊娠するとなぜ眠くなるのでしょうか?十分な睡眠をとっているのに異常な眠さが続くようなときは、何か問題があるのかと心配になりますよね。


自律神経が乱れると、夜になっても交感神経(活発な神経)が働きっぱなしになり、眠りが浅く、早く目が覚めてしまったりと、なかなかリラックスできないのです。そこでお勧めなのが鍼灸治療です。鍼をすることで、全身の緊張感がほぐれ心身をゆったりさせる効果があるのです。

9月15日

夜に何度も目が覚めたり、寝付けなくなったという患者さんが、コロナが流行してから増えたそうです。このように、働き盛りの堅実女子だけではなく、不眠はみんな共通の悩みのようです。「新型コロナウイルスが収束するまで、まだ時間がかかります。


世界のどの国よりも眠らない日本人。中でも著しく睡眠時間が少ないのは40〜50代の女性だという。ライフスタイル、環境、ホルモンなど眠れない理由は人それぞれ。今こそ生活習慣を見直して、自分にあった快眠スタイルを見つけよう。


宮地商会M.I.D.は、オーディオ機器ブランドADVANCEDの新製品として、睡眠時や移動時に快適に使える「スリーピングイヤフォン」のワイヤレスバージョン「Sleeper Wireless」を9月18日に発売すると発表した。


現代社会では、多忙な日々を送る人が増えており、毎日の短い睡眠時間の中で良質な睡眠のニーズも増えてきています。このたび発売するWN-6500は、良質な睡眠をサポートするために開発した寝具タイプのマッサージャーに、更に寝心地の快適性を向上させた7年ぶりとなる新商品です。

9月14日

赤ちゃんが寝ているときに、気づいたタイミングで体調面のチェックしましょう。顔色は良いか、呼吸は落ち着いているか、汗をかいていないか、うつぶせ寝をしていないかなどをチェックします。顔色が悪かったり、呼吸が荒かったりなど気になることがあれば、声をかけて起こしてもいいでしょう。


良質な睡眠は疲労回復には重要な要素ですが、寝る前に体をリラックスさせるのがポイントとなります。香りで何故リラックスできるのかというと、自律神経やホルモンのバランスを司るのに重要な器官である視床下部に働きかけることで、副交感神経が優位になり心身共にリラックスモードとなるからです。


ねるヨガは、就寝前に布団の上で行うヨガのこと。ポーズは簡単で、一度にたくさんの種類を行う必要もなく、終わったらそのまま寝てしまえる。モチベーションがあまりない人も、とにかく忙しいという人でも続けられるのが大きなメリットだ。ねるヨガのもう1つの特徴は、マインドフルネス瞑想も兼ねている点。


「不眠症」は「睡眠障害」という病の中の1つで、不眠症という言葉を一度は聞いたことがある人がほとんどだと思います。しかし、詳しくどんな病気なのかはあまり知られていません。不眠症は、睡眠が困難になることは前提として、4つのタイプがあります。


婦人下着製造・低刺激設計インナーブランド「Fleep(フリープ)」を展開する島崎株式会社は、9月3日の『睡眠の日』に合わせて、現在の睡眠の質に関する満足度アンケートを実施し、満足していないという約8割の結果を得ました。


新型コロナウイルスの流行前に比べて「睡眠の質」が変化しており、特に、「リモートワークをしている」「新型コロナウイルスに対して不安を感じている」「仕事量が変化している」場合で「睡眠の質」が低くなると回答する人が増える傾向にあった。


9月14日

日中にやってくる強烈な眠気。その後の作業をスムーズに進めるためにも、適度な仮眠は効果的です。ただ、お昼寝にも意識したいポイントが隠れているようで…。


昼間、強烈な眠気に襲われる──。パソコン作業の途中、あるいは会議中、一瞬ふっと意識が飛ぶような感覚に、ハッとしたことのある人も多いのではないでしょうか。ほんの数秒、ときには1秒足らずの間に、こうした瞬間的な意識脱落状態が起きることを「マイクロスリープ」といいます。

9月第2週

9月13日

「アンドグッドナイト」は、天然アロマに癒されながら、入浴・保湿・芳香浴の3つの準備で、快眠に導くアイテムを揃えたリラクゼーションシリーズ。体温を上げてリラックスさせる入浴シーンには、2つの入浴剤を用意。

脳は24時間365日働いている。あなたが眠っているときでも、脳は眠っていない。あなたの安全を守るため、脳はストレスの原因となる刺激を聞き、感じ、それに対処しているのだ。脳はあなたが気がつかない間も、解決策を生み出したり決断を下したり、可能性について考えたりしている。この「常にオン」状態の器官はとても献身的に機能していて、休憩や休暇を取ることは決してない。睡眠中でも脳は動いているが、睡眠は脳が1日の終わりに清掃を行う一つの方法なのだ。


体重を減らしたいという人はアスリートだけではなく、一般の方にも多いかと思いますが、共通して食事の管理の重要性は一番と言っていいかもしれません。それ以外には運動量によるエネルギー消費ももちろん必要ですが、実は「体重減少(ダイエット)と睡眠」には大きな関係があります。


日中に分泌されたセロトニン(脳内物質の一種。精神を安定させ、幸福感を与えてくれる)は、夕方以降になるとメラトニンという睡眠ホルモンにつくり変えられます。つまり日中にどれだけセロトニンを蓄えられるかで、睡眠の質は変わってくるのです。ただし、夜の時間帯の照明の明るさ次第で、その効力は低下してしまいます。


あなたが本来のパフォーマンスを発揮できないのは「生活習慣」が原因かもしれません。実は日本は世界一、睡眠時間が短い国。日本人の4割が睡眠不足です。睡眠時間6時間以下の生活をしている人は、徹夜明けと同程度まで脳のパフォーマンスが下がってしまいます。「厚生労働省によると、睡眠6時間未満の人の割合は男性36.1%、女性39.6%。性・年齢階級別では、男性の30~50代、女性の40~60代では4割を超えています(「平成30年国民健康・栄養調査」)。

9月11日

睡眠の質を向上させるために効果的だと言われている、寝る前のストレッチについてご紹介します。寝る前のストレッチは、様々な効果があることが確認されています。


ダイエットでは、食事や運動が取り上げられやすいですが、睡眠不足はダイエットに影響を与えます。今回、睡眠を改善することで、よりダイエットの成功に繋がるご提案をいたします。


睡眠不足や睡眠の質の低下などの睡眠障害は、認知機能の低下やうつのリスクとなるといった精神的な影響や、糖代謝の悪化、免疫能の低下といった身体的な影響を及ぼすとともに、スポーツパフォーマンスに影響することも示唆されている。ただし、睡眠障害に対する医薬品による介入には副作用の懸念があり、できるだけ医薬品以外の方法で良好な睡眠を確保したいところだ。

9月10日

最高の睡眠が得られるというスタンフォード式の枕「ブレインスリープピロー」に注目が集まっている。最先端の科学的理論に基づき、眠り始めの90分を重視した「ブレインスリープピロー」は、頭を冷やす、フィットした形、衛生的であることがポイントに。深部体温を低くする通気性にこだわり、どんな向きで寝ても、寝返りを打ってもフィットする、業界初の縦3層、横に5層の構造、さらにこれまで難しかった枕の洗濯問題も解消。


日常会話では不眠症と睡眠不足(寝不足)を混同して使うことが多いが、医学的には実は全く異なる病気と定義されていることをご存じだろうか。不眠症は「眠りたいのに、眠れない」のに対し、睡眠不足は「眠れるのに、眠るための時間がない」のであり、言ってみれば真逆の睡眠の悩みである。


一般的に、健康的な習慣と見なされている昼寝だが、1時間以上の昼寝は、心血管疾患にかかるリスクや、何らかの原因で死亡するリスクの上昇を招くとする研究結果が報告された。

9月9日

「寝不足で疲れが取れず、朝から気だるい」「日中、眠気がつきまとって仕事に集中できない」「ベッドに入ってもしばらく眠れない」「多忙で睡眠を十分にとるのが難しい」日本のビジネスパーソンの3人に1人が、このような睡眠に関する悩みを抱えていると言われている。忙しい現代のビジネスパーソンにとって、睡眠時間は削る対象となりがちだ。


株式会社グローバルプロダクトプランニング(本社:東京都渋谷区南平台町)は、オリジナルブランドBeauwell(ビューウェル)から快眠を応援するリラクゼーションアイテムが揃う「アンドグッドナイト」を9月10日に発売いたします。


コーヒーナップという言葉を聞いたことはあるでしょうか。コーヒーナップとは、昼にカフェインを摂取して短期間眠ることで、午後の眠気を回避するという方法です。仮眠をとる20分ほど前に、コーヒーや緑茶などのカフェインを摂取することで仮眠後にすっきりとした状態で仕事や作業が行える点がコーヒーナップのメリットとしてあげられます。


朝型生活には、時間を有効活用できる他にも、メリットがあることをご存知でしょうか。朝が苦手な方も、ほんの少し習慣を見直すだけで朝型生活に近づくことができます。朝型生活を定着させるために、すっきりと目覚めたいですよね。そのためには睡眠の質を上げることが大切です。


睡眠不足によって身体が疲れている状態では、交感神経が優位になるため、血管が収縮して血流が悪くなります。その結果、老廃物が排出されなくなり、顔のむくみが生じます。

9月8日

アサヒグループのアサヒ飲料、アサヒグループ食品、アサヒカルピスウェルネスなどは、コロナ禍の影響で「睡眠」や「ストレス」対策に関する意識が高まる中、「睡眠」や「ストレス」対策を飲料やサプリメントでサポートする商品の提案を強化している。


体重を減らすために重要な要素は「運動」と「食事制限」が有名であり、「睡眠」は見逃されがちです。しかし、一般的に推奨されている7時間よりも睡眠時間が短い人は体脂肪や肥満リスクが増加することのほか、「カロリー制限中に5.5時間睡眠をとると、8.5時間睡眠をとった時よりも脂肪の減少量が小さくなるだけでなく、筋肉を含む『脂肪以外の体積の減少』が大きくなる」ことも示されています。

9月7日

“人生の1/3は睡眠が占めている”と言われており、生活における“眠り”に対する注目度は非常に高く、睡眠に関する書籍も多数出版されています。これは、日本人が上質な眠りを得られている割合・満足度が非常に少ないからです。上質な眠りを得るには“理想的な寝姿勢”が重要なポイントの1つですが、人それぞれの体型があり、人によって理想的な寝姿勢も様々となっています。

9月第1週

9月6日

睡眠時間が短い分、活動時間が増えるショートスリーパーは、多くの人にとって憧れ。私も、羨ましいです(笑)。しかし、本物のショートスリーパーは人口の5%未満しかおらず、3時間睡眠でも心身健康で過ごせるショートスリーパーになれるかどうかは、遺伝的要因が大きいのです。朝食を食べる意欲が湧かない、出掛けるまでに排便がない、午前中眠くなる、夜はバタンキューで寝てしまうという項目に1つでも当てはまれば、短時間睡眠であっても、エセショートスリーパー。トレーニングでなれると謳う本もありますが、無理をすると、ボディブローのように心身にダメージが効いてくるので要注意!

9月6日

安心できる睡眠空間作りに役立ち、一度使ったら手放せない快適で画期的なアイテムだ。4つのPODは、適度な圧力と重さで目と耳に程よい加重を与える。独自のスリット構造で優しく頭を包み込み、鼻に当たりにくいように設計されている。寝返りをうってもずれにくく、高い遮音性と遮光性か快適な睡眠空間を作る。


質のいい睡眠は、翌日のパフォーマンスに良い影響を与える。しかしながら夜になると眠くなくなり、じっくりと睡眠が取れないでいる人もいるようだ。


連日の熱帯夜で眠れず、日照時間が長い分、睡眠時間が短くなるなど、睡眠の問題が頻発する夏。「睡眠は、量と質から考えることが大切ですが、この時期は量を確保しづらく、質も落ちがちです。9月に入ると、真夏並みに暑い夜もあれば、肌寒いこともあり、寒暖差が激しくなります。季節の変化に対応できるように、夏に起きた睡眠問題は今のうちに解決し、ぐっすり眠れる秋を迎えて」 夏と秋の変わり目で、夏に溜まった疲れを取る重要性を強調する。


疲れを感じたり眠気を感じたりで、仕事の能率が上がらないという時は、「昼寝をする」という対処法がある。疲れを感じたり眠気に襲われたら、少しの間眠るというのは、有効な方法だ。昼寝の最適な時間は1回15分~30分ほど。これでリフレッシュ効果が得られる。また、昼寝のリフレッシュ効果を高めるには「コーヒーナップ」というテクニックも効果的。これは、15分~20分の昼寝の直前に1杯のコーヒーを飲むだけ。カフェインが脳に達するまで20分ほどかかるため、コーヒーを飲んで20分後に目を覚ますと、昼寝のリフレッシュ効果とカフェインの刺激で、相乗効果が生まれるのだ。

9月5日

無条件にストレスから心理的な距離を取れる習慣を定着させることが、今まで以上に重要です。また、ストレスによって悪夢を見やすくなるといわれてますが、見ること自体は一概に悪くありません。ストレスをかける映像を見た後、悪夢を見た人と見なかった人のストレスチェックをすると、前者のほうが、ストレス度が低かったという報告があるのです。睡眠中に脳で、ネガティブな記憶や感情が整理できているとも考えられます」


1時間以上の昼寝が心臓病と死亡リスクの増加に関連していることが分かった。60分以上の長時間にわたる昼寝をすると、昼寝を全くしない場合と比べて原因を問わない死亡リスクが30%上昇し、心臓血管系の病気を患う可能性が34%上昇することが示された。

9月4日

日本人の睡眠時間の短さは深刻だ。1日の睡眠時間は1960年代には8.25時間だったが、現在は7.23時間まで低下。韓国と最下位争いを繰り広げ、2018年の経済協力開発機構(OECD)の統計では、日本がワースト1という不名誉をつかんでしまった。


「寝る前2時間をリラックスして過ごす」ということは人生において非常に重要です。日中は、「昼の神経」である交感神経が優位ですが、夜間、そして睡眠に入るためには「夜の神経」である副交感神経が優位になることが大事です。

9月3日

睡眠は、単なる休息ではありません。眠っている間に、さまざまなホルモンが分泌されていることがわかっています。それによって、脳だけでなく、体全体を休ませ、さらに傷んだ全身の細胞を修復しているのです。新陳代謝を促して、皮膚や髪の毛、内臓の細胞を修復、体重コントロールにも良質の睡眠がかかわっています。しかも、睡眠には性差があります。女性は、男性に比べて10年遅れて、眠りの不調が現れます。そのタイミングが更年期です。


試験や試合を控えている体にとって、良質な睡眠は必要不可欠。緊張で眠れず、当日は十分なパフォーマンズができなかった……なんてことがないようにしたいもの。今回のメインは、レバー。ビタミンB群が豊富で、安眠効果をもたらしてくれるニクい奴です。


コロナ禍の影響で睡眠への関心が非常に高まっているという。その一方、“社会的時差ぼけ”と呼ばれる夜更かしによる新たな問題も顕在化。さらに、「緊急事態宣言前後の生活の優先度」は、緊急事態宣言前が[①仕事、②家族、③食事]だったのが、緊急事態宣言後は[①家族、②食事、③睡眠]とトップスリーに睡眠がランクイン。仕事ファーストの考え方から、睡眠や食事、運動などココロとカラダへの関心が高まっていることがわかる。


睡眠不足だと、疲労感が抜けず、日中のだるさや集中力や気力の低下につながるだけでなく、寝ている間のリカバリー機能がうまく働かないために、肌あれやクマ、お疲れ顔の原因にも。とはいえ、帳尻を合わせるがために週末に寝だめをすると、これまた体内リズムが乱れ、月曜日には“時差ボケ”状態となり、週初めからツラい状態に。大切なのはあくまでも「睡眠の質」。布団に入ってから10分以内で眠りにつき、途中覚醒することなく、すっきりと起きられるのがベストです。


コロナ禍で睡眠リズムが崩れる人が増えており、「デジタル時差ボケ」として注目を浴びている。「デジタル機器が発するブルーライトが、体内時計を乱し睡眠トラブルを引き起こしていると考えられます」 ブルーライトは太陽光にも含まれ、「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンの分泌を抑制、覚醒作用があるとされる元来欠かせない光の一成分だ。デジタル時差ボケに陥りやすいのは、合計で1日8時間以上デジタルデバイスの画面を見ている人、あるいは90分以上連続で使用している人など。しかし、今やデジタルデバイスは生活の一部。手放すことは難しい。


「疲労」には2種類あります。「動作疲労」と「静止疲労」です。動作疲労は、運動するなど、身体を動かすことでたまる疲労のことです。でも、疲労にはもう1つ、「静止疲労」があります。これは、パソコンを打ったり、デスクで事務作業や細かい作業をおこなったりするなど、身体を動かさずじっとしていることでたまる疲労です。つまり、動いても疲れますが、長時間同じ姿勢を取ってもまた疲れるというわけです。寝ている間は、床でほぼ同じかっこうをしていますね。つまり、睡眠中も静止疲労がどんどんたまっていくのです。


睡眠の質を改善する「睡眠に良い習慣」を紹介しましょう。(1)「正しい入浴」をする(2)日中に体を動かす(3)照明と室温を整える また、「室温」もかなり重要です。快適に眠るための室温は、夏は25~26度、冬は18~19度といいます。室温は低めのほうが睡眠の質がよくなります。

9月2日

質のいい睡眠をとるためには、寝る前の過ごし方がポイント。心と体をゆっくりとお休みモードに切り替えて、眠れる体と環境を整えましょう。

9月1日

熱帯夜を乗り切るのに役立つ冷感シーツの選び方と、おすすめの製品を紹介します。睡眠は、日中のパフォーマンスを左右する大切な要素です。冷感シーツを手に入れて、質のよい睡眠を実現しましょう。


9月1日

睡眠はウイルスの感染などから体を守る免疫と深く関わっていて、専門家は「深く質のよい睡眠を取るためには眠り始めの時間を特に大切にしてほしい」と話しています。質のよい睡眠をとるためには「いつ眠るのか」より「どれだけ深く眠れるか」が大事で、眠り始めの90分の間に最も深い眠りを得られるということです。

PEGASI(ペガシ) - 光学療法を応用したスリープガジェット

PEGASI2.1 日本仕様
最新の光学療法、100%安全なLED光を照射して、朝の目覚めを確かなものにします。

グローバルで5万人が愛用する超クールなガジェットをいち早くGETしよう!