睡眠に関連するニュースを毎週ピックアップしています。

8月第6週

8月31日

眠りが浅い、目覚めが悪い……など、睡眠の悩みは人それぞれ。とはいえ、悩んでいるだけでは何の解決にもならない。そこで快眠術やツール、サービスなど、巷にあふれる睡眠テクを調査。やっぱり眠れない…悩んでいる人におすすめの知識を4つ紹介しよう。


睡眠で充分な休養が取れていない人は思いのほか多く、もはや睡眠不足は現代病の1つともいえるほど。疲れているのになんだか眠れない、朝起きてもスッキリしないという人ために、プロ直伝の快眠の極意やオススメの快眠アイテムをご紹介します。


新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活は大きく変わりました。新しい生活様式が浸透する中、睡眠に影響は及んでいるのでしょうか。アンケート調査によると、回答者の約半数が睡眠時間に変化があったと答え、3割が睡眠の質が低下したと答えています。


「夜つくるわたし ピンクグレープフルーツ風味」は、睡眠の質を高めて起床時の疲労感を軽減する機能を配合した機能性表示食品。良質な睡眠は健康と美容にとって重要なキーワードであり、女性の睡眠時間確保に対する関心は高い。


子どもの健康と成長のためには早寝早起きが大切だとわかっていながらも、最近の子どもたちは習い事やスポーツ、遊びなどで時間がないですよね。「自分の子どもの睡眠時間は大丈夫?」と、不安になるママも多いことでしょう。

8月第5週

8月30日

私たちは、意識して運動しなくても一日に数千歩は歩いています。足はその一歩一歩を全て支えているので、一日の終わりには結構疲れています。翌日も元気に歩くために、寝る前に簡単なフットケアをしましょう。


仮に室温が25〜28度程度と仮定して、都内の外の気温は、現在35度前後で推移してます。温度差が、最大で10°以上になります。これだけ温度差だと、自律神経に混乱が起きます。人の体には、体温を一定にコントロールする「ホメオスタシス(恒常性)」という機能があります。多少の温度変化であれば、ホメオスタシスが機能するので問題ないのですが、前述の通り大きな変化だと、体温を保つ為に自律神経の働きが過剰になります。


子どもの昼寝時間はだんだん短くなり、多くは5歳ごろには昼寝をしなくなります。だんだん昼寝の時間が短くなってきたり、今までどおり日中遊ばせているのに夜の寝つきが悪くなったり…子どもの睡眠は足りているのか!?と心配になることもあるでしょう。


寝ている子どもが突然、泣き叫んだりパニックを起こしたりする夜驚症(やきょうしょう)。その姿を目の当たりにすると、ちょっと不安に感じることもあるかもしれませんが、これは3〜6歳の子どもが発症することが多い睡眠障害の1つです。

8月29日

日本人の睡眠時間が短いことはしばしば国際的にも指摘されている。どのデータを見ても世界ワースト1位は日本か韓国のどちらかという現状がある。日常的に6~7時間の睡眠をとっている人たちのなかで、自分が睡眠不足であることを自覚している人は少ないかもしれない。


首が痛い、肩がこるという方に朗報です!今回は首と肩がとっても楽になる枕をご紹介します。眠りへのこだわりを形にした枕が、身体にフィットする未体験の寝心地を味あわせてくれます。


早く起きるためには、まず生活習慣を整えることが大切です。夜寝るのが遅ければ、朝起きられなくても仕方ありませんよね。それ以外にも、夕食の時間が遅かったり、夕方に昼寝をしていたりする場合も、睡眠に悪影響が出ることがあります。すでに生活習慣が乱れてしまっていると、改善するのはなかなか難しいもの。


眠気や疲労感を感じる要因はさまざま。睡眠、食事、運動量、免疫力、その他の身体機能や日々の習慣などすべてが影響し、「眠い」「だるい」「疲れている」といった症状に繋がっているのだとか。日常的に感じる疲労感や眠気の理由は、「単なる睡眠不足」という可能性も。

8月28日

睡眠の質を上げるには、「寝床内の温熱環境を左右する」重要な6つの要素をトータルで整えることがポイントだといいます。質のよい睡眠を取るには『寝室の温度が28℃以下、湿度が40~60%』がベストです。


子どもにとって睡眠は、心身ともに健やかに成長していくために必要不可欠なものです。一説では、乳幼児期や幼児期の睡眠不足が、のちの肥満リスクや多動リスクを高めるという指摘もあります。子どもと一緒の生活が始まったら、何気なく過ごしている親の生活習慣が子どもの安眠を妨げてしまっていないか、改めて見直してみましょう。

8月27日

快適な睡眠に欠かせないのが枕や布団、パジャマなど。とくに、枕が変わると寝つけないという人もいるほど、大切なアイテムです。質のいい睡眠を得るためには、アイテム選びが重要です。


最低気温が30℃なんてこともあり、もう眠るだけでも一苦労な日もあります。さらに朝までぐっすりとなると難しいですよね。ですが、熱中症予防、さらに新型コロナウィルスに対する免疫力維持のためにも、いつもよりしっかり眠ることが必要になります。こんな時だからこそ、良く眠ってリスクは減らしておきたいものです。

8月26日

布団や枕もいい感じなのに、それでもなんだか眠りが浅い、寝つきが悪い…。もしかしたら根本のベッドやマットレスなどに原因があるかも!? おすすめのベッド&マットレスをご紹介。


暑くて寝苦しい夏は、睡眠の悩みが増えがちです。睡眠不足になると免疫力も下がってしまいます。そこで、夏もぐっすり眠るテクを睡眠専門のドクターがアドバイスしています。


夏の快眠のためにしている工夫と、愛用快眠グッズや寝具ブランドを、世の中の「声」が聞こえるメディア『KIKIMIMI』が20〜50代女性100人に聞きました。快適な睡眠は美容と健康のためには欠かせない大切な時間。みんなのアイデアをヒントに体も心もゆったりと質のいい睡眠を取りましょう。


人間の体には毎日一定のリズムを刻む「体内時計」が備わっているが、夜更かしや運動不足などが続くと体内時計が乱れ、睡眠・覚醒のリズムも乱れてしまう。一時的な体内時計の乱れなら、規則正しい生活に戻すことでたいていの子供は体内時計が正しく働くようになる。

8月25日

日本人の睡眠時間の短さは世界各国と比較しても顕著であり問題視されている。 2019年の経済協力開発機構OECDの国際比較調査では、日本人の睡眠時間が加盟国中で最も短く、特に女性の睡眠時間の短さが目立つ。 そんな中注目を集めているのが、睡眠を促す働きがある「セロトニン」や「メラトニン」。


9月3日は秋の「睡眠の日」です。これは睡眠健康推進機構が2011年に定めたもので、その前後の8月27日から9月10日にかけては「秋の睡眠健康習慣」として啓発活動が行われています。みなさんは質の良い睡眠をとれていますか?


私たち人間にとって睡眠とは健康を維持するうえで、ひいては生きていくうえでなくてはならない大切なものです。人生の中でも多くの時間を占めるため、寝具選びには時間をかけてじっくり選びたいもの。


日中に仮眠をとろうと思っても、光が気になってしまい、なかなか寝付けないですよね。そこで、この記事ではそんな悩みを持つ方におすすめのアイマスク「REKAL x A.A.TH」をご紹介します。REKAL x A.A.THは、特殊素材であるA.A.TH繊維を用いて開発されたアイマスクです。従来のアイマスクよりも質の高い睡眠を手に入れられます。


今年はただでさえさまざまなストレスを感じやすい状態なのに、熱帯夜であまりよく寝られず疲れがたまる一方……という人もいらっしゃるかもしれません。今回は、世間の睡眠の質の実態や快眠のコツ、気になる夜間の電気代などを見てみましょう。

8月24日

なかなか涼しくならない昨今。どうしても眠りが浅かったり寝付けなかったりする人も多いのでは。快眠を促すための記事を5つご紹介しよう。


昼寝でリフレッシュしたいときは、机にそのまま突っ伏すのではなく、昼寝用の枕があると便利です。昼寝用枕を使えば、仕事の合間に快適な睡眠をとることができます。


「昼寝をすると脳がリフレッシュするので、昼寝を推奨している会社もあります。睡眠の研究によると昼寝でリフレッシュするには20分あれば十分で、その程度なら夜の睡眠を妨げることもないとされています。

8月第4週

8月23日

疲れていても寝不足気味でも、夜中に目が覚めてしまって損した気分になることがありますよね。このことを睡眠の専門用語では「中途覚醒」「熟眠障害」と言います。この中途覚醒や熟眠障害を解消するためには、その原因を知ることが重要です。


「絶頂睡眠」という言葉を聞いたことはあるだろうか? 近年、話題になっているキーワードだ。一聴した限りでは、至極心地良く、さぞかし、ぐっすり眠れる睡眠なのだろうと想像できる。この絶頂睡眠に冷感をプラスすることでさらに眠りやすくなるという「絶頂睡眠 冷感」が最近、話題になった。


新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちの日常生活は大きく変わりました。完全収束まで長丁場を覚悟しなければならない状態で「新しい生活様式」の実践が求められています。慣れない生活を続けている結果、体に不調をきたす人もいるでしょう。今までのように睡眠がとれなくなった人も多いのではないでしょうか。


コロナ禍に伴うテレワーク増加の影響で、スマホやパソコンに接触する時間がいつも以上に増えている人は多いはず。そんな中で、デジタルデバイスの発するブルーライトが引き起こす、体内時計の乱れによる身体の昼夜逆転状態「デジタル時差ボケ」に悩んでいる人も少なくないだろう。


猛暑日が続き、夜も気温が下がらず、睡眠不足で悩んでいる人も多いはず。クーラーを活用しても最適な環境を作って慣れるのには時間がかかる。そういう方は、思い切って寝具を見直してみてはいかがだろう。


スマホはおそろしく便利で、もはや手放すことなどあり得ない文明の利器ですが、「手から離れなくなってしまう」という恐ろしい機能を搭載しています。楽しくもない寝ころびスマホで、気づいたら時間は明け方だった。こういう状態はとにかく回避するべきです。最大のポイントは、あなたの五感をすべて心地よさで遮断することです。

8月22日

暑い夏の夜を乗り切るには、エアコンを体を直接冷やすためではなく、寝室と寝具を冷やすために使います。われわれの体には「表面体温」と「深部体温」という2種類の体温があります。普段、体温計で測っている体温は「表面体温」で、内臓を含めた体の中心部の体温を「深部体温」と呼びます。深く良質な睡眠を取るには、入眠時にしっかり「深部体温」を下げることが大切です。深部体温は下がれば下がるほど眠くなり、睡眠が深くなるのです。

8月21日

毎日驚くぐらいの寝苦しい夜が続くが、寝具を変えたりエアコンの使い方を工夫するだけで眠れるようになる! ここではそんな基礎知識をまとめて紹介。


ストレス意識の高い女性を対象に紅茶の香りの睡眠に対する有効性確認試験を実施した結果、就寝時に紅茶の香りを嗅ぐことで、ストレスが低減され、睡眠の質を高める効果があることを確認したと発表した。


睡眠不足が健康にも美容にもよくないのは周知の事実ですが、実は寝すぎも体によくないって知っていましたか? ちなみに「今日は完徹で仕事をしても、明日は一日寝て過ごせば回復する」ということはありません。睡眠のリズムが崩れて、かえってツラいだけ。時差ぼけを解消するには、寝続けるより起き続けて合わせるほうがいいというのと同じです。

8月20日

寝つきがいいと、睡眠時間をしっかり確保できるだけでなく、翌日の目覚めもいいですよね。環境づくりや寝る前の行動を少し変えるだけで、すんなり眠れて質のいい睡眠を確保できますよ。


睡眠負債を解消する「90分の黄金法則」の効果を最大限に発揮するには、寝るためのセッティングが大事となる。より質の高い睡眠を確保するため、現在の環境を見直そう。


寝ても疲れが取れない、夜中に目が覚めてしまうなどの症状に悩まされていないでしょうか。これらの症状に心当たりがあるなら、もしかしたら「デジタル時差ボケ」かもしれません。この『デジタル時差ボケ』とは、デジタルデバイスの使い過ぎにより、夜間に深い睡眠がとれず、体の疲れが取れない状態。


一日中、止まると死んでしまうマグロのように、街を走り回るタクシードライバー。もちろん夜中も走る。よく乗客から聞かれることがあるうちのひとつに「睡魔に襲われた時はどんなことして眠気をさますのですか?」という質問がよくある。タクシードライバーと睡魔は切っても切れないものである。


仕事や家庭におけるさまざまな要因の影響により、睡眠不足や不眠、睡眠の質の低下といった悩みを抱える人がますます多くなっていると紹介。隣国の日本も世界有数の睡眠不足国と知られているとし、睡眠の質を改善することで睡眠不足を補うべく開発されたグッズをいくつか取り上げている。


金縛りは、医学的には「睡眠 麻痺まひ 」と呼ばれます。麻痺とは、脳卒中や交通外傷などで神経に障害が起きることによって、主に手足の運動機能や感覚が失われることを指します。金縛りの場合も、手足や体幹、首の骨格筋(自分の意思で動かせる筋肉)に力が入らず、起き上がることはもちろん、寝返りや声を出すこともできなくなります。金縛りは決して珍しい現象ではありません。

8月19日

普通のパジャマと変わらない見た目と着心地を維持しつつも、アプリを通じて睡眠状態を可視化できるスマートパジャマなんです。パジャマに搭載されたデバイスによって睡眠状態を可視化できるだけでなく、その上で睡眠の質を向上するためのアドバイスまでしてくれるというハイテクぶり。


おやすみ快適は、就寝時の使用を想定し、静かさを重視しながら加湿する新機能。眠りにつくまでの1時間は静かさを優先して最小運転音で運転し、その後、好みの設定湿度に合わせた加湿運転で潤いもキープする。従来の就寝時を想定したモード「おやすみ加湿」では、設定湿度を50%から変更できなかった。


なんとなく気がのらない、集中力が続かないといったモヤモヤ感。仕事のストレスや夏バテのせいと思い込み、そのままにしていませんか? じつはそのモヤモヤ感は、体内リズムの乱れが原因かもしれません。一度ズレてしまった体内リズムを元に戻し、質のよい睡眠を取り戻すのは、残念ながら簡単なことではありません。


目覚ましがわりのスマホが鳴り響くと「ああああ、まだ眠い〜、もうちょっと寝たいーっ!」と、毎朝、同じことを思っています。グズグズしてたら、よけいに慌ただしい朝になり、大変さが増すばかりとわかっていても、お願いだから、あと少し寝かせて〜!と、誰にでもなく(夫に言ったところで仕方ないのですが)叫びたくなる日々は働くママの〝あるある〟ですね。


東洋医学では体は「陰」と「陽」でバランスを取っていると考えます。「陰」は非活動的なものを代表し、「陽」は活動的なものを代表します。この「陰」と「陽」が相対的に強くなったり、弱くなったりして生命活動を行っています。睡眠は、「陰」が「陽」より強くなった時に起こります。


睡眠時間に占める「レム睡眠」(眠っているときに眼球が素早く動く、浅い眠りの状態)の割合が低い人ほど死亡リスクが高いことが、米国で行われた研究で明らかになりました。

8月18日

スマートフォンやパソコンのブルーライトが睡眠や肌、精神にダメージを与えるというのは周知の事実だが、ブルーライトってそもそも何? どう防げばいいの? という人も多いかもしれない。そこで、専用のメガネやセラムなどのおすすめアイテムを含め、ブルーライト対策を詳しく紹介していこう。

8月17日

「大人は1日7~8時間の睡眠を必要とし、人よりも短い睡眠しかとらないショートスリーパーは不眠症やうつに悩まされている」とこれまでは考えられてきましたが、最新の研究では「遺伝子変異によってそもそも多くの睡眠を取らなくとも、ポジティプに考え、活動的に動き、長生きすることができる人」の存在が明らかになってきています。


食欲がないのは胃腸が休息を欲しがっている証拠。3食の中でも、睡眠の直前になる夕食は、特に胃腸に負担をかけないことに留意したい。冷たいもの、消化に負担がかかるものは避け、ミネラルやビタミン、たんぱく質など、必要な栄養素を摂取しよう。


『寝ているだけでやせ筋トレ! 〜最高の睡眠ダイエット〜』 と銘打たれた同書は、「睡眠ダイエットエクササイズ」を余すところなく紹介している。寝る前に筋肉を刺激し、副交感神経を優位にする「たった3分のエクササイズ 」によって、誰でも簡単にダイエットができるという。


朝食で納豆を食べているという方も多いとは思いますが、実はその食べ方は睡眠の効率をあげる方法として良いのです!ではなぜなのか??それは、納豆に含まれるトリプトフォンという必須アミノ酸が関係しています。


あなたは、毎日、良質な睡眠がとれていますか? 疲れているのに、目が冴えてなかなか眠れない、あるいは、夜中に何度も目が覚めてしまう、など、ストレスや疲労が原因で不眠に悩む人もいれば、布団に入ってから何時間もスマホを操作していて寝不足に……など、自業自得タイプも多いのかもしれません。

8月第3週

8月16日

8月に入ってから広範囲で猛暑が続いています。夜になっても気温が高く、なかなか眠れなくて寝不足という方もいるのでは?そこで、すぐにでも実践できる熱帯夜でもグッスリ眠れる3つの方法を教えていただきました。

8月15日

眠りはじめの90分が睡眠の質を決めます!人の眠りは、「レム睡眠」(脳は活動して体が眠っている状態)と「ノンレム睡眠」(脳も体も眠っている状態)を繰り返しています。このノンレム睡眠とレム睡眠のセットが繰り返す周期は約90分程度で、一晩の眠りで4~5回繰り返します。そして、最も深いレム睡眠が訪れるのは、眠りはじめの90分です!


2020年秋に公開されるwatchOS7とiOS14では、Apple Watchで毎日の睡眠時間を記録できるだけでなく、眠りの前にリラックスを促し、快適な眠りを支援する機能が利用できるようになります。


寝る前に筋肉を刺激し、副交感神経を優位にするたった3分のエクササイズ。これにより血流が促され、成長ホルモンがしっかり分泌されるノンレム睡眠に入る。成長ホルモンにより刺激した筋肉が修復&代謝がアップし、寝ている間に自然と燃焼する体になれるという。


マットレスなどの寝具はもちろんのこと、見た目にもリラックスできるインテリアや、眠りにつくのが楽しみになる小物も、質のいい睡眠の大事な構成要素。

8月14日

眠り始めの90分を「黄金の90分」にするためには、深部体温(体の内側の温度)を下げることが重要だ。脳の温度も深部体温と同じ動きを示し、就寝中に脳を冷やす事で良質な睡眠を手に入れることができる。今回紹介する『ブレインスリープピロー』は、頭(脳)を冷やすことに着目することで「黄金の90分」を生み出すテクノロジーを凝縮した枕として開発された。


睡眠時間は、半数以上の子どもたちが「足りない」と回答し、平日寝る時間が12時をまわっている子どもも3割以上に上りました。睡眠が足りない理由としては、勉強のほかに、YouTubeなどの動画を遅い時間まで見ているという回答も多く、塾や習い事などで忙しい上に、夜に動画などネットを見ることで睡眠時間が少なくなっている最近の子どもたちの様子が見えてきました。


これまで裸で寝ることを想像したことはあっても、実際に行動に移すことはできないという人もいるだろう。衛生面、恥ずかしさ、これまでの生活習慣などが理由に挙げられる。眠りに落ちるイヴの姿(つまり裸)は誰にでも受け入れられる格好ではない。裸で寝るためにはいくつか押さえたいポイントがある。果たしてよりよい眠りのために、そして猛暑に備えるために、私たちはパジャマを脱ぐべきだろうか?


普段の寝不足からくる疲労回復にはホントの対処法があります。それは、朝起きる時間をいつもとあまり変えないこと!疲労回復には、明るい時間は活動して暗くなったら休息する!そんな生体リズムに沿って生活することです。週末の夜更かしから朝寝坊、もしくは夕方までダラダラ寝てしまう。これでは生体リズムが乱れます。ある意味時差ボケになります。結果、疲労回復にはつながりません。

8月13日

ベッドに入ってから2~3時間眠れない、次の日のパフォーマンスは最悪だし、眠れていないとイライラしやすくなったり肌荒れしたりと、いいことなし! そこで、睡眠の質を改善しようと一念発起。ネットや本、知人の口コミなどを頼りにさまざま試した結果、今では寝苦しい夜も5分で入眠&朝までぐっすり!睡眠トラブルに悩んでいる人におすすめしたい簡単テクをご紹介。


毎日の睡眠時間が必要な時間より少ないと、睡眠不足は徐々に溜まります。これを睡眠負債といいます。負債が大きくなればなるほど、返済させようという力が高まり、脳はさかんに「眠れ」という指令を出すようになります。授業中や仕事中での居眠り、電車でのうたた寝は、夜の睡眠以外で睡眠負債を返済する行為です。睡眠負債が蓄積すると、集中力、免疫力の低下、身体能力の低下がおきます。


寝苦しい熱帯夜に負けない快眠術のポイントは4つ。「まずは寝る前の準備です。一番大事なことは換気をすることで、室内の酸素濃度を上げると、疲労が取れやすくなり、快眠につながるのだそうです」と紹介した。


連日、猛暑日が続いていますが、そこで問題となるのが睡眠不足です。暑いとイライラし、交感神経が優位になるので寝つけないということが起こります。睡眠不足になる原因はこれだけではありませんが、この時期、特に注意したいところです。睡眠不足になると、身体に与える負荷は当然大きくなります。まず、睡眠不足になると集中力が散漫になります。

8月12日

日本人の3人に1人が睡眠に関わる問題を抱えていると言われている。なかでも、睡眠中の問題として代表的なものが「いびき」だ。いびきは誰にでも起こり得るが、自分自身では気づきにくく、家族や友人に指摘されて自覚することが多いだろう。


クーラーをしていると室温は一定に保たれます。人も体温を一定に保とうとする恒常性という働きがあります。体温は36.5度から37度が理想です。仮に28度とすると、身体は9度冷やされます。一晩中クーラーをかけ8時間睡眠を取っている場合、身体は8時間もの間9度体温を上げるための努力をしている事になります。


睡眠がしっかりとれないと、日中のパフォーマンス力が低下するのはもちろん、ホルモンバランスを崩して、お肌がカサついてしまったり、せっかくトレーニングをしても効果を落としてしまうという悲しい結果に…。トレーニングの効率を考えるなら、必ず一緒に睡眠も見直すようにしましょう。

8月11日

一日の疲れを解消し、夏の元気を維持するためには、睡眠の質が鍵を握る。快眠につながる夜の過ごし方を提案。「自律神経系が通る脊柱(背骨)の緊張を緩め、リラックスモードの副交感神経にスイッチを入れる深い呼吸をするのが何より大事」。さらに頭のコリを取るマッサージもプラス。


寝床内の快適な温湿度を作り出すのは、寝室の「温度」「湿度」「気流」「寝具量」「着衣量」「体質」という6要素が影響し、これらをトータルで考えることが大切だという。真夏に眠れない原因は、身体の深部の温度が下がらないことに一番の原因があり、質のよい睡眠を取るには「寝室の温度が28℃以下、湿度が40〜60%」がベストで、温度と湿度以外にも睡眠環境を整える必要があるとしている。

8月10日

「暑すぎて眠れない」誰もが一度は夏の寝苦しさを体験したことがあるのではないでしょうか? ただでさえ、暑さで体力低下中なのに、そこへ睡眠不足もプラスされると夏バテや熱中症の原因になってしまうことも。


コロナの緊張感や不安などもあり、生理周期が乱れたり、睡眠の質が悪くなっている女子が多いように感じます。良く眠ることは心と体の健康の基本中の基本なので、睡眠の質を上げていきましょうね。


日本人の平均睡眠時間6時間という平均時間は、最も長いオランダの8時間あまりよりも2時間も少なくなっているとしたほか、睡眠時間が6時間に達していない人が30%を占める結果になったと伝えた。

8月第2週

8月9日

睡眠時間を増やしたからといって、必ずしも睡眠の質が向上するとは限らない。睡眠時間が睡眠の質に関係しているのは確かですが、一般的に睡眠の質と長さは比例しません。特に屋外での運動は、睡眠の質の向上に強く関連している。日光を浴びながらの運動はさらにベター。


寝る直前までTVを観たり、携帯でメールをチェックしたり、私たちの身の回りは睡眠を妨げる生活習慣にあふれています。集中力の欠如や病気のリスクなど、睡眠不足はさまざまな弊害をもたらすことが知られていますが、実はダイエットにも悪影響があるのです。


熱帯夜になる日は年々増えており、寝苦しさから睡眠不足になる人も少なくありません。しかし、熱帯夜であっても、工夫や対策をすれば寝苦しさを緩和できます。


夏場の薄い掛けふとんでは、風による体温低下を防ぎきれない。最近のエアコンはおやすみ機能などを用いれば、送風はほとんどなくなる。それでもだるくなるという人は、起きる前に体温が上がるようにしておくことになる。

8月8日

睡眠の後半は、起きるために、体が準備をしています。その準備を主に担っているのが、コルチゾール。このコルチゾールは、言葉で分泌するタイミングがコントロールできるとわかっています。

8月7日

「質のよい睡眠」とは何か?たとえ長時間寝ても疲れがとれないことがあります。逆に、短時間でもすっきり目覚めることができる場合も。ではどうすれば「質のよい睡眠」を手に入れることができるのか? ポイントは夕食後の3時間の過ごし方にあります。


休息をとるうえでは十分な睡眠時間を確保することは重要ですが、寝すぎることも逆に疲労感を増してしまうことがあります。これがいわゆる「寝疲れ」と呼ばれるものです。睡眠時間の長さも重要ですが、平日も休日も同じ時間に寝て、同じ時間に起きるという規則正しいリズムを保つことが、疲労感を翌日にまで持ち越さないための正しい睡眠法といえます。


日中に眠気を感じやすい人は、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが作業能率の改善に効果的だと考えられています。「チョイ寝エアーピロー」は、昼休みなどの休憩時間にデスクで快適な睡眠がとれるお昼寝専用の枕です。


睡眠不足になると食欲はどうでしょう。起床しても食欲がわかないため、朝食をパスしてしまう人、缶コーヒーだけで済ませてしまう人も少なくないのではないでしょうか。こうした食生活パターンは、栄養不足、特にたんぱく質不足が懸念されます。


痛みがあると、「どうにもこうにも気になって眠れない」「とても不安で……」との経験をされた方も少なくはないだろう。そうなのだ。「痛み」と「眠り」は大いに関係があって、双方向性に影響をおよぼし合っているのである。

8月6日

睡眠は記憶力の向上や、疲労回復、免疫機能を高める等々、食事・運動と並んで健康に大きく影響し、仕事や日常生活のパフォーマンスも左右します。どのようにしたら安眠につながるか、質の良い睡眠のための工夫をご紹介します。


新しい生活様式には慣れても、睡眠環境が整っていなければ、知らぬ間にストレスを溜め込んでしまっているのかもしれない。一体どうすれば快適な睡眠を取り戻せるのだろうか?

8月5日

「寝ることがダイエットにつながるなら、こんなにラクでうれしいことはない」と思いませんか? 実はプレ更年期、更年期世代は良質な睡眠が取れていなくて、睡眠不足から太りやすい体になっていることも考えられます。では良質な睡眠ってどんな睡眠なのでしょうか?


休日は昼まで寝たくなる…日中よく眠くなる…目覚めた時 いまいち体がスッキリしない…こんな症状を感じたら、それはもしかしたら睡眠不足が原因かもしれません。


この夏はいつも以上に「眠れない」の解消に取り組みたい。睡眠は、ウイルスに対する抵抗力を維持するうえでも重要だからだ。では、暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。


「早寝早起きは三文の徳」といわれますが、実際には、睡眠のタイプは人それぞれで、必要な睡眠時間や就寝時刻・起床時刻に明確な決まりはないとのこと。例えば、早寝早起きタイプ、つまり朝型の人は、体温のピークが早めに来る人。宵っ張りの朝寝坊タイプ、つまり夜型の人は、体温のピークが遅く来る人とされています。


年齢とともに落ちるのは体力などだけではありません。睡眠力ともいえるものも落ちる傾向があり、質のよい深い睡眠が取りにくくなっていくことが多いです。睡眠の質が落ちると成長ホルモンなどの分泌が減り、心身の回復がさらに遅れます。また年齢とともに早寝早起きの傾向になる人も多く、これによっても遅くまで起きていることが難しくなります。


「ねむり運転」を設定すると、一定時間になると、あらかじめ設定した温度や除湿の強さに切り替えたり、風量を静音に切り替えたりすることができ、快眠に最適な温度に徐々に変化するという。

8月4日

ダイエットが続かなかったり、筋トレの効果が思うように出ないのは、「睡眠不足」が原因かもしれません。「寝不足でボーっとしてしまう」なんてことはあると思いますが、その他にも、あまり良くないことが身体の中で起こっています。つまり、『睡眠不足とダイエット(筋トレ)との相性は最悪です』。


4時間ほどの睡眠の午前中には、仕事を始めても目を開けているだけで精一杯。そして睡眠5時間の日には、ほぼ確実に昼間に睡魔に襲われるということは、ほとんどの人が実際に経験しているのではないでしょうか。私たちの睡眠が障害されることによって、脳に重大な問題を引き起こすことを明確に示しています。その問題のひとつに、「睡眠時間が短いと死にたくなる」ということがあります。


寝る前の行動は、睡眠の質に影響します。寝る直前までスマホやパソコンを使用していると、ブルーライトの影響で眠りにくくなってしまうことが分かっています。従って、少なくとも就寝時間の1時間前までに、使用を止めるようにしましょう。

8月3日

高校の勉強や部活が忙しくて学習時間がない……と勉強できる時間を探すとき、睡眠時間を削りすぎてはいけません!夜ふかしして勉強することで「勉強した!」という気分にはなるのですが、効率は悪くなる一方です。勉強しても定着せず、体調も崩してしまいます。


日本人の平均睡眠時間は6時間程度で、この睡眠時間は世界でもワースト1位となっている。そんな世界で最も眠らない日本には世界の多くの場所では見られない独特の習慣がある、と中国メディア網易が指摘している。中国人が驚くその独特の習慣とは何か。その答えは「居眠り」だ。


毎日の睡眠不足が(借金のように)蓄積されることで、日々の作業効率の低下や重大な病気のリスクを引き起こす状態である「睡眠負債」が社会的な問題となっています。睡眠時間に関する調査では、日本はワースト1位。また、女性の睡眠不足が顕著と言われています。


睡眠には「癒し」の効果があるといいます。寝ているあいだに、起きているときに経験したつらい感情が和らぎ、ストレスに関連した神経化学物質が脳からなくなるためです。朝起きるとなんだか頭がスッキリしたと感じるのには、科学的な根拠があるのです。

8月第1週

8月2日

欧米でも睡眠時間が短くてよく働く人は、少し前まで、尊敬の的になっていました。まずはその意識を変えていくことが大切です。数々の科学的な発見をしたアインシュタインは9時間以上眠るロングスリーパーとして有名でしたし、世界有数の富豪でもあるアマゾンの創始者ジェフ・ベゾス氏も8時間睡眠の必要性を訴えています。ショートスリーパーほど優秀だというのは幻想に過ぎないのです。


快適な睡眠のために、まずはエアコンを朝までつけておくこと。なお、タイマーでエアコンを切る設定にすると、その後に室温が上昇して暑くて目が覚めるなど「睡眠の質が低下する」ため注意が必要です。

8月1日

家の中で最もリラックスしたい場所、それは寝室かもしれません。眠りに落ちる前の時間を心地良く過ごせる場所にするためには、どんなアイテムが必要なのでしょうか?


認知症になると寝られない症状が出ると言われてきました。しかし、寝不足になるのは認知症の症状ではなく、むしろ寝不足が認知症を引き起こす重大な要因であることが、多くの研究結果から分かってきました。


腎機能が低下している人の多くに、寝つきが悪い、眠りが浅い、一度目が覚めるとなかなか眠れないといった不眠の症状が見られます。質のよい睡眠がとれないと、腎機能の低下につながるのです。キーワードとなるのが「頭寒足熱」です。

PEGASI(ペガシ) - 光学療法を応用したスリープガジェット

PEGASI2.1 日本仕様
最新の光学療法、100%安全なLED光を照射して、朝の目覚めを確かなものにします。

グローバルで5万人が愛用する超クールなガジェットをいち早くGETしよう!