睡眠に関連するニュースを毎週ピックアップしています。

7月第5週

7月31日

寝る前の過ごし方を工夫して、快眠と心地良い目覚めに繋げてみませんか。今回は夏はもちろんですが、通年習慣にしたい「快眠のアイデア」をいくつかご紹介します。


睡眠の質を高めるために必要なコンディショニング方法についてシェアさせて頂きたいと思います。スポーツで高いパフォーマンスを発揮したいアスリートやボディメイクを効率良く行いたい方、仕事での生産性を高めたい方は是非最後までご覧下さい!


夢をみる時の浅い眠り「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」のうち、どちらが学習に重要な役割を果たすのか――。睡眠が学習や記憶に重要な役割を果たすことはわかってきたが、その詳しい仕組みは謎で、レム睡眠とノンレム睡眠の役割も長年、議論になっていた。


カーテンや寝具などは、眠りを誘う色と言われている「青色」、気持ちが落ち着きやすいとされている「茶色系」、リラクゼーション効果が期待できる「緑色」などが最適とされています。


目を閉じればアッという間に眠れる。いつでもどこでもすぐに眠れるから、睡眠に悩んだことはない――。該当する中高年の方もいらっしゃるでしょう。一見、睡眠トラブルとは無縁に思えますが、実は慢性的な睡眠不足の兆候である可能性があります。

7月30日

睡眠不足は頭の回転を遅らせるうえ、「先延ばしが増えてしまう!」という指摘もあります。逆に言えば、睡眠不足を解消するだけでも頭が冴え渡り、「今すべきことを、ちゃんと今やるようになる」という、成功に不可欠な能力が手に入ります。過去にも「睡眠はお金よりも大事だぞ!」という話をしましたが、それくらい大事ということです。


通勤がなくなったせいか、今回集計した全ての国において睡眠時間が伸びたことが分かった。11カ国中、最も睡眠時間が長かったのがフランスで、平均睡眠時間は17分以上伸び、7時間54分に達した。最下位は日本で、平均睡眠時間は8分34秒しか伸びなかった。さらに、自粛期間中でも睡眠時間は平均7時間を超えることができず、6時間54分と最短だった。


筋肉は鍛えている時に発達すると思われがちですが、実は筋トレ後の休息や睡眠が重要なのです。現代人の生活スタイルでは、なかなか整えるのが難しい睡眠。睡眠は質? 時間? と気になる点は多々ありますので、まずは筋トレと睡眠の関連性をしっかりと学び、筋トレライフをより充実させていきましょう!!


睡眠時間は人それぞれですが、睡眠をきちんととることで日中しっかりと過ごせるようになります。しかし忙しい現代人にとって、睡眠不足に悩まされている方も多く、深い睡眠をとりたいと悩んでいる方も多いことでしょう。睡眠を深くするためのセルフマッサージをご紹介します。

7月29日

寝苦しい夜を過ごしているという方も多いかと思います。窓を開けて寝ようにも雨が入るので締め切るしかなく、そうなるとエアコンを使うことになりますが、今度は冷えすぎて眠れない。毎年この時期からは寝苦しい夜に悩まされるという人のために、ここでは夏の夜でも快適に睡眠するためのポイントをご紹介します。


日本では「昼寝」に対する抵抗感が大きいように感じます。本来は会社での昼休みは自由に過ごして良いはずなのに、勤務先の上司から「昼寝はやめなさい!」と叱られたという理不尽な経験を持っている人もいるようです。その一方で、アメリカのIT企業の中には昼寝を「パワーナップ(積極的仮眠)」と呼び、取ることを奨励している企業もあるのです。


森林浴は睡眠の質を改善する。森林浴は予防医学です。病気を治す効果はありませんが、免疫システムを強化します。森林浴は、睡眠の質を改善し、ストレスホルモンを低下させ、血圧を改善します。


シンガーソングライター藤田麻衣子が、“眠れない夜に聞いて欲しい”自身の人気楽曲をオルゴールアレンジで配信限定リリースした。様々な不安や焦りを抱える現状の中で生活リズムが乱れ、心と身体を休める睡眠が不安定になってきている今だからこそ、心が安らぐオルゴール独特の音色やリズムで自身の楽曲を厳選し一つの作品できないかと藤田自身が考え、全曲リモートレコーディング出来るオルゴールアルバムの制作を思い立ったという。


コーヒーや紅茶好きに限らず、頼りにしている人も多いのが、カフェインの眠気を覚ます効果。なかなか強烈で、長時間の仕事やロングドライブでも大事な相棒。だからこそ注意したいのが日常の睡眠への影響です。


眠りを誘うような癒しの音楽で赤ちゃんの寝かしつけをしてみませんか?オルゴールはゆったりとしたリズムと温かみのある音色が特徴的ですよね。赤ちゃんや子どもだけでなく大人も癒されそうなオルゴール。一日の終わりに癒しの音楽でゆっくり眠りにつけそうです。

7月28日

新型コロナウイルスの影響で生活環境、働き方が変化したことにより、4人に1人が、寝つきが悪くなった、眠りが浅くなったなど、睡眠の質が下がっていると感じていることがわかりました。大きな生活環境の変化と熱帯夜を迎えるにあたり、快適な睡眠がとれるよう、よりよい睡眠環境づくりのポイントを解説頂きます。


身体機能と同様に、当然ながら睡眠にも特有の加齢変化が生じる。睡眠の変化は、高齢者でしばしば見られる「早寝早起き」「ちょっとした物音で目覚めやすい」「夜中に何度もトイレに行かなくてはならない」などの特徴とよく合致している。ところが、昨年新たに報告された研究によると、睡眠の加齢変化は従来考えられていたよりも軽微であることが明らかになった。


質の良い睡眠とは、ずばり「身体も心(脳)もしっかり休息できる睡眠」です。睡眠の質には、時間以外にその深さも影響すると言われています。ヒトの睡眠周期は、ノンレム睡眠からレム睡眠の終わりまで約90分。この周期を4~5回繰り返し、徐々にレム睡眠の割合が増え、朝を迎えます。

7月27日

朝の方が生産性が高いという説に関しては、さんざん議論されています。もちろん朝5時から7時の2時間でこなせる仕事量がその日の残りの時間でこなす仕事量より多いという説を読者に納得させるつもりもありません。


ぐっすり眠ってパッと起きる「快眠ライフ」を手に入れるために、今すぐできること──それは「パジャマ」の改善かもしれません。衣服の快適性と機能性の専門家に、知っておきたいパジャマ選びのポイントをうかがいました。


20歳以上の平均睡眠時間は6時間未満がおよそ4割。1日6時間未満の睡眠が2週間続くと、2日間、徹夜したときと同じくらいのパフォーマンスしか発揮できないというデータもある。


寝不足がいつの間にか借金のように膨らんで、健康や仕事に悪影響を及ぼす。「睡眠負債」というやつである。「不眠不休」はある時代まで日本人の美徳だった。働き方改革がさけばれるいま、手始めは「眠り方改革」かもしれない。


赤ちゃんの睡眠に関する本を何冊も読み、書かれていたことを実践したら結果は大成功! 「おやすみ」と言い、ベビーベッドに連れていくとひとりですぐ寝る子に育ちました。今回は、私が実践して効果的だったと思う方法を3つご紹介します!


睡眠と生産性はどう関係するのか。たとえば、生産性を議論するうえでよく言及される「朝型」と「夜型」という使い分けもあります。これは、何が原因で決まっていくものなのでしょうか。できる人は明け方に起きて、なんならジョギングなどでひと汗かいて、会社(もしくはリモートワークなら自宅)で、早い時間からすべての能力をフル活用して仕事をしている・・・というイメージがあるかもしれません。でも、そんなイメージはどこまで医学的に妥当なことなのでしょうか。


米国Stanford大学のEileen B. Leary氏らは、睡眠時間に占めるレム睡眠(急速眼球運動睡眠)の割合と総死亡、死因特異的死亡の関係を調べる住民ベースのコホート研究を行い、レム睡眠の割合が低い人ほど死亡リスクは高かったと報告した。睡眠障害は、心血管疾患、代謝性疾患、精神疾患のリスク上昇や認知機能の低下、QOLの低下、さらに総死亡リスクの上昇などに関係することが知られている。

7月第4週

7月26日

一日の疲れを癒すために睡眠は非常に大切ですよね。そんな快適な睡眠環境を得るのに必要なアイテムの一つが枕!そこで今回は、枕の形を自分の頭や体格に合わせてパーソナライズしてくれる枕「豆腐枕」をご紹介いたします。


不眠には、眠りに入りにくい「入眠障害」、夜中、朝方に目が覚めてしまう「中途覚醒」「早朝覚醒」、目覚めたとき熟睡感がない「熟眠障害」などがある。ただし、必ずしも受診が必要な疾患ではなく、しばらくすると回復する場合が多い。

7月25日

眠りとは本来、体力を回復させ、気力を養う癒しの時間であるはず。しかし、ひどい悪夢にうなされて、癒されるどころか心を乱されることもあります。叫び声を上げながらはね起きると、全身汗だくで震えが止まらなかった。一晩中得体の知れない化け物に追いかけまわされた。出口のない迷路をさまよい続けた。子供の頃のトラウマを何度も何度も再体験させられた…。


ベッドに入る前の入浴で睡眠が改善!ぐっすり眠れないという人は、就寝前に入浴するとよいかもしれません。眠る1~2時間前に温浴したり温水シャワーを浴びたりすることで、入眠までの時間が短縮し、実際に眠っていた時間の割合が増えることが明らかになったという研究がアメリカで報告されました。


睡眠において、自分と他人の睡眠時間を比較するのはいいこととは言えません。適切な睡眠時間は人それぞれであり、例えば、本来8時間必要としている人がトレーニングなどをすることで5時間に短縮できるということはないからです。大事なのは、自分にとって適切な就寝・起床時間を知ることです。人間は朝型・夜型といったようなクロノタイプという遺伝子レベルで決まっている体内時計の周期があります。そのタイプにおける夜型は、もともと朝の活動が弱く、早朝に快適な起床を迎えることは比較的難しいです。いつも朝だるいからといって、必ずしも睡眠時間が足りていないというわけではないのです。


睡眠不足は、仕事のパフォーマンスを低下させるなど悪い影響を引き起こします。しかし現代では、上手く寝られずに困っている方がたくさんいらっしゃいます。スマホアプリを使いながら睡眠管理を行えば、データに基づいた確実な睡眠改善ができるようになるでしょう。


寝汗には睡眠の質に影響する重要な役割があるといいます。自覚のあるなしに関わらず、人は眠る間に必ず汗をかきます。「汗の第一の役割は、蒸発して体温を下げることです。睡眠は人にとってプチ冬眠といえるもので、寝入りばなに生理的に発汗することで、体の内部の温度、特に脳の温度を下げ、眠りにつくのです。」


日本人の23%が睡眠で十分休養が取れておらず、年々増加傾向にある。特に30~40代は30%強に上っており、夏場の寝付きの悪さは働き盛り世代にとって深刻な問題と言える。日中に週4日以上働き、ストレスで寝不足を感じている日本人女性20人を対象に、就寝前1時間と就寝後2時間、紅茶の香りのアロマ液を蒸気で自宅の部屋に拡散させる実験を1週間行い、単なる水を拡散させた場合と比較した。すると……

7月24日

あなたは最近、ぐっすり眠ることができていますか? また、睡眠の質はいかがですか?睡眠不足、寝入りや寝起きが悪いという人もいるかと思います。その原因は人それぞれで異なるため、自分の場合はどうなのかを見極め、解決策をみつけたいものですよね。


スマートウォッチの先駆けと言えば「Appleウォッチ」ですが、公式で対応していない機能もあります。その中の一つは、「睡眠管理」です。しかしあくまでアプリがないだけであって、実はサードパーティー(外部の企業)が制作したアプリを使えば、Appleウォッチでも睡眠記録が可能です。


夜間授乳で一番つらいことといえば、こちらは眠っていたい時間なのに、授乳のために頻繁に起きなければならないこと。赤ちゃんによって間隔には差がありますが、中には30分や1時間おきに起こされる…という人もいるでしょう。こればかりは赤ちゃんの個性なので仕方ない面もありますが、少しでも授乳の間隔をあけてこちらの睡眠時間を確保したいもの。

7月23日

出産後は授乳や夜泣きなどで、睡眠不足になりがちなママ。出産後だけでなく、育児中は何かと忙しく、しかも家事に休みはありません。とはいえ、人間にとって睡眠はとても大切なもの。子育て中のママたちの睡眠について、アンケートで聞いてみました。


寝苦しいシーズンが今年もやってきました。疲れた体でベッドに入ってもなかなか寝付けなかったり、あまりの暑さに夜中に起きてしまうことも...。暑い夏でもぐっすり眠る方法をご紹介します。


バナナは朝・昼・夜のどの時間帯に食べても、それぞれにメリットがあります。朝バナナのメリットは「ブドウ糖」のおかげで睡眠中に失われた栄養素を補給して、一日を元気に過ごすための原動力になってくれるんだとか。


睡眠で重要なのは、「量」と「質」のどちらでしょうか。結論から言うと、「両方」です。睡眠で重要なのは質ですが、最低6時間は眠るのがベストと言われていて、結局のところ両方なのです。ただし7~8時間の睡眠をとっていても、睡眠の質が悪ければ意味がありません。睡眠の質は、朝、目覚めたときの気分でわかります。睡眠の質が高い人は、目覚めがスッキリとして、気分は清々しく、前日の体の疲れも回復し、「今日も1日頑張ろう」と意欲に満ちあふれています。

7月22日

今年の夏も猛暑が予想されるが、長引いたおうち時間によって、電気料金はすでに増額傾向。となれば、たとえ寝苦しい夜でもクーラーの稼働は最小限に留めておきたい? だったら、涼しく快適な眠りをサポートするこんなグッズはいかがだろうか。


今や「睡眠を記録する」を普通にやっている人は多いはず。ついに睡眠サイクルがわかるパジャマが登場した。ポケットの中に装着するデバイスが睡眠情報をキャッチしてくれるのだ。睡眠の深さ、リズム、寝入り、熟睡、合計時間という5つの指標から睡眠スコアを導き出したり、レム睡眠およびノンレム睡眠を記録したり。


リモートワーク中心の生活で、通勤の頻度も減り、運動不足や自宅でのブルーライト漬け、生活リズムの変化によるストレスなどが原因の睡眠トラブルが多くなっている人が増えているようです。新しい生活様式が求められる今、その変化に適応し、質のいい睡眠を確保するためには、どのような心がけが必要なのでしょうか?


不眠とは「眠りたいのに眠れない状態」のことを言います。不眠って難しいのが、そもそも眠気というものが何なのかもよく分かっていないんですよ。あと不眠についてもう一つ難しいことが、不眠を訴える患者さんのおそらく半分ぐらいが睡眠誤認をしています。


脳と体には「睡眠」というシステムがあります。睡眠は生物にとって絶対に必要な機能なのです。「眠れない」というのは、生物にとってかなりの異常事態です。不規則な生活やストレスなどによって、「正常な睡眠機能」が破綻したということです。眠時間が短かったり、睡眠の質が悪かったりすると、自然治癒ができず、やがて「病気」を発症します。「眠れない」というのは体からの「警告」です。

7月21日

気温が高くなると、体に余分な熱がこもりやすくなります。暑くて寝苦しく、なかなか寝つけない人もいるのではないでしょうか?そのような症状でお悩みの人におすすめなのが、余分な熱を冷まして潤すはたらきのある「トマト」と、安眠に関係するとされる血を補う「卵」を組み合わせたレシピです。


最幸の睡眠の家は、良質な睡眠を取るために欠かせない寝室における「色」・「香り」・「光」・「温度/湿度」・「防音」・「空気の清浄度」などの要素を構造、内装等によって睡眠環境を調整する独自のArchitectural Rules for Good Sleep を開発・反映することにより実現しました。


理想的な入浴の基本は15分間、39~40度の温めのお湯にゆっくり浸かること。血行促進に最適な38.5~39度の深部体温に上げられるため、副交感神経の働きが高まり、ぐっすりと眠れるようになるのです。


人の体内時計は24時間よりも10~15分程度長いため、通学など、起きなければいけない事情がないと、起床時間がずれて遅くなる傾向があるのだそうです。また、人には起きてから14~16時間で眠くなるサイクルがあるため、起床時間が遅くなれば就寝時間も遅くなり、これが常態化すると睡眠サイクルの崩れにつながっていく、というわけです。

7月20日

睡眠は人間が生きていく上で最も欠かせない生理機能の一つ。しかし、我々現代人は仕事や勉強に追われ、寝付きが悪いという人も少なくない。しかしそんな方々に知ってもらいたいのが、1981年に出版された『Relax and Win(リラックスして勝利する): Championship Performance』にて紹介されている2分で眠りにつく方法。米軍のパイロットが睡眠不足によりミスを犯さないよう、あらゆる状況で眠るために開発された睡眠導入法で、現在も米軍で採用されているという。


なかなか寝つけないことで不安や焦りを感じ、さらに眠気が遠のいていってしまう――。そういった不眠が続くと、日常生活に支障が出てしまうことも。不眠の原因を探るには、まずは眠りのメカニズムを知ることから始めましょう。


11カ国中、最も睡眠時間が長かったのがフランスで、平均睡眠時間は17分以上伸び、7時間54分に達した。最下位は日本で、平均睡眠時間は8分34秒しか伸びなかった。さらに、自粛期間中でも睡眠時間は平均7時間を超えることができず、6時間54分と最短だった。日本人の睡眠は質・長さともに世界最低レベルであることが浮き彫りになった。


睡眠には質が大切。そこで、最近話題になっているのが、睡眠状態を計測する“睡眠トラッカー”です。スマートウォッチやスマホアプリ、専用デバイスなど、さまざまなものが発売されているようです。

7月第3週

7月19日

腸の動きに影響を与える自律神経を整えるには、良質な睡眠をとることが不可欠。また、寝不足が続くと腸内フローラの組成が変化し、腸を健康に保つ成分を生み出せなくなることもあるので気をつけましょう。


深い睡眠の妨害になってしまう「いびき」は万病の原因になってします。そこで朝一杯のみそ汁。「睡眠の質の良し悪しといびきの発生率は相関関係にあるというデータもあり、睡眠の質を高めることが、いびきの軽減につながる」。


日本人の平均睡眠時間は、最近の調査結果で6時間27分とされています。これは、世界的にみてもかなり少ない睡眠時間となります。一般的に必要は睡眠時間は、6〜8時間とされています。では、この睡眠を取らないことにより、筋肉の成長にどう影響するのか。それはホルモンとの関連性です。寝ている時に成長ホルモンというタンパク質の合成に関与するホルモンが分泌されたり、逆にストレスホルモンであるコルチゾールの低減や維持がなされます。


寝付きが悪い、寝ても疲れがとれないと困ったことはありませんか?睡眠にまつわる悩みを解消してくれる、快眠グッズと言ってもジャンルは様々。枕やパジャマといった寝具から、アロマなどのリラックスアイテム、睡眠の質を高める家電まで、幅広く紹介します。


質のよいリラクゼーション睡眠を得る方法の一つ目は運動。運動には自律神経を整える作用がありますが、睡眠のリズムを整えるホルモン「メラトニン」の原料となる「セロトニン」という神経伝達物質を合成する働きもあります。二つ目は不安を解消すること。

7月18日

寝苦しい季節。できればエアコンをつけずにぐっすり眠りたいものです。「枕カバーを木綿の手ぬぐいにしたり、シーツをリネンにしたりすることで、気持よく眠っていますよ」


自律神経を整えるには睡眠の質を高める必要があります。それには副交感神経がしっかりと働く「リラクゼーション睡眠」を目指すことが重要です。毎晩のように夜更かしや眠りの浅い状態が続くと、交感神経優位の「緊張型睡眠」になり、いくら寝てもすっきりせず、心身ともに疲れがとれません。


暑い・・・眠れない・・・そんな寝苦しい夜がこれからやってくるはず。とはいえ、エアコンや扇風機をフル稼働すると体調や電気代が気になってしまう・・・。それなら接触冷感の寝具を使ってみてはいかがでしょうか。

7月17日

株式会社FUN Recipeは「CAMPFIRE」において不眠解消ドリンク『The Moon Milk』のプロジェクトを7月20日からスタートする。「ムーンミルク」は、ホットミルク、豆乳、アーモンドミルクなどにスパイスやハーブなどを加えた不眠解消ドリンクであり、海外ではInstagramを中心として注目を集めている。


熱い夏を乗り切るために大切な「睡眠」暑くて寝苦しい夏ほど、質のよい睡眠をとる必要があります。今日からすぐ実行できる、睡眠の改善のためのアイデアをご紹介します。


「寝ても寝ても、体が重い…」 睡眠時間は足りているはずなのに、体に残るぐったりした疲れ。どうしたら、シャキッと体力を回復することができるのでしょうか?


なかなか深く眠りにつけず、悩んでいませんか?睡眠の質が低いと、疲れがとれないため辛いですよね。今回はそんな悩みを持つ方におすすめのヘッドバンド「iBand+ (アイバンドプラス)」を紹介します。


「スリープチェック」は約5分間のアンケートに回答することで、睡眠の課題を5つのタイプに分類します。睡眠の質が落ちている原因として、20代~30代では平日と休日で睡眠リズムが乱れている人が多い、30代~40代ではストレスなどによって寝つきが悪くなる人が多い、40代では中途覚醒などで睡眠効率が低下する人も増えており、50代ではその傾向がさらに強まっているなど、年代別で睡眠課題が異なっている傾向が見えてきました。


浅い眠りであっても、短すぎると健康に影響するようだ。浅い眠りの「レム睡眠」の時間が短すぎると寿命が短縮する可能性があることが分かった。総睡眠時間に占めるレム睡眠の割合が低いことが、心血管疾患などによる死亡リスクだけでなく、あらゆる原因による早期死亡リスクの上昇と関連することが明らかになった。


もっと眠れるのにもったいない……夏になると朝早く目覚めてしまって、こんな不満を抱く中高年が少なくありません。そんな人の多くは「睡眠は8時間が理想的」「6時間は眠らないとダメだ」といった思い込みに縛られています。そもそも、必要な睡眠時間の長さは個人によって異なります。近年、睡眠のタイプはその半分が遺伝子で決まると考えられていて、遺伝子の違いによって必要な睡眠時間が短めの人と長めの人がいます。

7月16日

「毎日忙しくて睡眠時間があまり取れていない」そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。睡眠時間が少ないことで集中力や注意力が低下し、仕事や勉強のパフォーマンスが明らかに落ちていると実感している人は少なくないようです。また、忙しくなるような予定がなく、早く寝ようと思っていても、ついつい夜更かししてしまう人も多いのではないでしょうか。


蒸し暑く天気の悪い日が続き、睡眠の悩みを抱えている人が多いよう。そこで今回は、漢方薬剤師の大久保愛先生が、寝つきの悪い人におすすめの食べ物をご紹介します!


夏になると夜も暑さが続きなかなか寝つけなくて寝不足…なんてことはありませんか?熱中症にならないためにもエアコンの使用が推奨されていますが、かと言ってエアコンをガンガンつけっぱなしで寝ると、身体が冷えすぎてしまうこともあります。睡眠不足も冷えも美肌の敵ですよね。

7月15日

眠れないときは何を食べても意味がないわけじゃない。今回はアメリカ版『Prevention』が、熟睡を促す5つのクリーンな食材を集めてみた。


良質な睡眠をとるため、お風呂を出てからは照明を暗く、眠る前には脳を鎮静化させるビタミンBを摂取。


ライズの大人気シリーズ「スリープオアシス」は、3次元構造 高反発ファイバーが、体圧を均一に分散させることによって自然な寝姿勢とスムーズな寝返りで熟睡をサポートする高反発マットレスです。


睡眠は人間にとってとても大事な時間です。人間は眠っている間に体力を回復したり、一日の記憶を整理したりするため欠かすことができません。睡眠の質を高めるために重要なのが寝具です。

7月14日

しっかり寝たはずなのに、疲れが取れていない。夜中に目が覚めてしまって熟睡できない。そんなお悩みは有りませんか?もしかしたら、今、あなたの使われている枕が原因かもしれません!


恋人やパートナーと共にするベッドは人生の中でも最も充実した時間のひとつ。愛する人との親密な時間がストレスを軽減させ、睡眠を改善させることはすでに知られています。たとえ隣に愛する人本人がいなくても、その人の匂いに包まれるだけで睡眠の質が改善されるとのこと。


夏の夜でも快適な睡眠を得るために導入したのが、ひんやりと気持ちいい冷感寝具。私が選んだのはニトリの定番寝具ですが、ダブルスーパーな涼しさで快眠をサポートしてくれました。

7月13日

毎日の睡眠の質を左右すると言っても過言ではないまくら。自分に合うものを探しているという方も多いのではないでしょうか。


ホームセンターに所狭しとならんでいる「ひんやりパッド」。ジメジメや暑さなど、寝苦しい夏の夜の悩みを解消してくれるアイテムだが、今はまさに「ひんやりパッド」の戦国時代!触った瞬間にひんやり感を超えて冷たさを感じる“最強冷感”のひんやりパッドや、ユーカリの木を使用した天然由来の体に優しい“ひんやりパッド”など、各企業からこだわり商品が続々と登場している。


「アラプラス 深い眠り」は、深い眠りが得られない、満足に睡眠時間がとれないなど、眠りの質に満足していない方の睡眠をサポートする睡眠の質改善サプリメントです。


睡眠は疲れをリセットし、免疫力を高めるための大事な時間。時間だけでなく「質」も重要です。「寝つきが悪い」「途中で起きてしまう」「スッキリと起きられない」などを感じることがあれば、生活や睡眠環境を見直すタイミングです。ベストな睡眠時間は人それぞれですが、一般的には7~9時間ほど必要。とはいえ、忙しい日が続いてしまうこともありますよね。時間が不足しているのであれば、より睡眠の質を高め、しっかりと休めるようにしたいものです。


SLEEP BY SHEEPは「眠る前の新習慣」をコンセプトにした、良質な睡眠をサポートするための飲むオイルです。 睡眠の質が向上することで疲労回復・肥満防止・ストレス解消・肌質改善などの効果が期待できるとされています。


不眠症の定義は、意外と複雑です。たとえ眠れていないと自分では感じていても、困った症状が無ければ、それは不眠症ではありません。「仕事や学業の生産性が十分に保たれているかどうか」が判断の鍵となります。それとは逆に、「睡眠に問題があるという自覚はないのに、昼間になんでこんなに眠いんだろう」と訴える人もいます。そういった事態を引き起こす代表的な疾患が、「睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome)」です。

7月第2週

7月12日

IKEAで販売されている横向き/仰向け用の枕『MJÖLKKLOCKA ミョルククロッカ』(税込2,999円)。横向きで寝るときは大きい方の面を上にして使うと、まくらの下のすきまに肩がすっぽりとおさまり、肩への負担を減少。仰向けで寝るときは、小さい方の面を上に。


仲の良い男女のカップルが一つのベッドで寝ると、睡眠の質が向上する可能性が報告された。1人で寝るよりもレム睡眠が長くなるという。

7月11日

自粛生活やテレワークなどで生活リズムが乱れて、睡眠の質が悪くなっている人も。睡眠の質が下がって疲れがとれないと、病気から体を守る免疫力の低下も招きます」汗をかく夏は疲れやすい季節。


朝起きたすぐから疲れている…。その原因は布団かもしれません。今回は快適な眠りを追求したマットレスをご紹介!今の布団に1枚追加するだけで全く違う快眠感で、折りたたみができるからコンパクトにまとめて移動も収納もラクラク!

7月10日

睡眠不足は髪のハリ・コシの大敵なのです。実は、人間の身体と言うのは、生命維持にとって重要な部分から回復していくことが分かっています。睡眠によって、まず脳や神経、そして次に内臓が回復し、骨や筋肉が回復することになります。髪の毛というのは、はっきり言って生命維持に大きな影響を与えませんので、回復する順番としては、一番最後になってしまいます。


熟睡できない、寝てもすっきりしない・・などよく眠れていない原因の一つとして「枕が自分の体に合っていないのかもしれない」といことが考えられます。質の良い睡眠をとるためには寝姿勢が大事です。理想的な寝姿勢とは、眠っているときに「人の本来の頸椎の緩やかなカーブがキープされる」ことだと言われていますが、この理想的な寝姿勢をとるためには「枕の高さ」が自分の体にあっていなければ実現しません。


「怠けている」。そんな周囲の理解不足から生きづらさを抱えているのが、“過眠症”の人たちだ。慢性的な睡眠不足による眠気との鑑別が難しいなど、診断面でも多くの課題を抱えているという。


睡眠不足は痩せにくくなります。毎日5時間以下の睡眠では血糖値を下げてくれるホルモンインスリンの分泌が悪くなります。睡眠不足だけではなく、睡眠の取りすぎもよくないです。1日9時間以上の睡眠はとりすぎになります。睡眠の取りすぎにも睡眠不足と同じように太りやすくなります。理想の睡眠時間は7〜8時間が理想とされています。


夜ひとりになった瞬間に妙な不安に襲われてなかなか寝つけない、なんてことはありませんか?そのままうっかりスマホを手にしてダラダラと時間を過ごしてしまうと、貴重な睡眠時間を削ってしまうことにもなりかねません。


発達障害の一因は胎児期にあると推察し、研究を重ねた結果さらに幼少期の成育環境や社会の姿も影響すると考える小児科医がいる。「日本の保育園の室内の反響音は滅茶苦茶うるさい。米国には反響音を抑える基準があるが、日本にはない」そんな環境下で過ごすと、「普通の子どもも、発達障害のようになる」

7月9日

世界で一番睡眠時間が短いとも言われる日本人。しかも多くの人が何らかの睡眠の悩みを抱えているのもまた事実です。ぐっすりと快適に眠るために、打てる手はないものでしょうか。


「子どもが夜なかかな寝ない」「朝起きるのに時間がかかって大変」「どんなに頑張っても正しい生活リズムが身につかない」子どもの睡眠について、多くの親御さんが頭を悩ませているのではないでしょうか。睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が悪かったりすれば、日中の勉強やスポーツのパフォーマンスに影響を及ぼします。だからこそ、できるだけ小さいうちから、きちんとした睡眠の習慣を身につける必要があるのです。


慣れない暮らしで生じるストレスや疲れなど、小さなことが快眠の妨げになることも。睡眠は疲れをリセットするだけでなく、脳を休ませたりと心身ともに気持ちよく過ごすためには必要なもの。大きな変化を感じる今こそ、自分自身とじっくり向き合って、日常を少し変えてみませんか?


「覚醒」とは“目覚めていると自分で認識している状態”、「睡眠」とは“覚醒以外の状態”のことを意味していた。つまり睡眠も覚醒も主観でしか表現できず、そのため睡眠時間もせいぜい「分単位」でしか表すことができなかった。特に、うつらうつらとまどろんでいる時など、どこまでが覚醒で、どこからが睡眠なのか、判定のしようがなかった。ところが1929年に脳波が発見されて以降、ようやく「覚醒」と「睡眠」を科学的(客観的)に定義することができるようになった。

7月8日

健康な生活を送る上で欠かせない睡眠時間の確保。総務省統計局が5年ごとに行っている「社会生活基本調査」最新版(2016年)の「睡眠時間たっぷり!?ランキング」で、埼玉県は最下位。トップは秋田県で、47都道府県で唯一、8時間超えとなった。

7月7日

下等な動物には「活動と休息」しかなく、睡眠はあまりはっきりしていません。それが、われわれ人間にいたると、レム睡眠とノンレム睡眠(深い睡眠)に分かれてきます。極めて無防備な、生命の維持には不向きな状態になるため、どちらかというと、ない方がいいのではと思われるのに、睡眠はどんどん進化しています。なぜ睡眠は必要なのか。


学生時代や社会人の時に一度は徹夜を経験したことがあるだろう。実はこの徹夜は心身に及ぼす影響が大きく、ダメージも計り知れない。自分は大丈夫と思わず、徹夜によって生じる体の異変を知ったほうが良いだろう。


僕たち人間は平均して1日7〜8時間は寝ています。これは一日の3分の1にあたる時間です。要するに僕らは人生の3分の1は寝ているわけです。何をする時間よりも長いのですからその重要性は伝わると思います。なぜそんな長い時間、寝ることが我々には必要なのでしょうか?それは生きている限り動き続ける『脳』を唯一休めることができる時間だからです。


毎日朝起きられない、起きるのがつらいという人は、「寝ても疲れが取れない」、「寝足りない」、「寝た気がしない」と感じているあるはず。寝起きが悪いということは、睡眠そのものに問題があるのです!


年齢を重ねるにつれて、目覚める時間が早まってしまうということは一般的にもあることです。それだけで病的な問題と断定することはできませんが、夜中にも時々目が覚めてしまう中途覚醒といわれる症状もあり、その後もなかなか寝付けないということですから、その点では不眠症と言えるかと思います。そもそも睡眠というものは健康を維持するために不可欠なものです。不眠症とは、睡眠の量、あるいは質的にも、どちらかでも不足があり、そのために何らかの支障が発生して、本人がつらい状態をいいます。非常に睡眠時間が短い方でも、日中元気で、とくに問題がない場合には不眠症とは言いません。


睡眠不足は免疫力を下げるだけではなく、肥満の原因にもなる。そして、寝不足ではワクチンの効果も薄まってしまう…。それでも、あなたは睡眠を疎かにしますか?

7月6日

赤ちゃんの睡眠の質をよくするためには、「ねんねの環境」「日中の遊び」「沐浴・おふろの時間」の3つが大きなキーワード。今回は「ねんね環境」のことをピックアップ。理想的なねんね環境づくりのポイントを教えてもらいました。


質の高い睡眠をとるためには、環境づくりも大切だ。快適に眠れるように耳栓をしたり、心地よい音楽をかけたりしている人も多いのではないだろうか。今回は、ワイヤレスイヤホン型デバイス「Amazfit ZenBuds」(以下、ZenBuds)をご紹介。


質の良い睡眠をとるためには自分にあった寝具選びが重要です。そこで今回注目するのが、身体の形に合わせて柔らかく沈み込み、包まれているような感覚で眠れる低反発マットレス。


トラックドライバーにとって天敵と言えるのが日中の眠気だ。睡眠障害による交通事故に繋がれば社会的リスクも重大となる。社員の命を守り、健康起因事故を減らすためには、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査がやはり欠かせない。しかし、自分の症状がSASであるということに気づかず、適切な検査や治療に至っていない人が多いのが現状だ。


エーザイのオレキシン受容体拮抗薬「デエビゴ(R)錠 2.5mg、同錠 5mg および同錠 10mg」(一般名:レンボレキサント)が2020 年 1 月 23日に製造販売承認を取得し、4 月 22 日に薬価収載されました。本剤は、覚醒を制御しているオレキシン神経伝達に作用し、睡眠覚醒リズムを整えることで、入眠と睡眠維持および覚醒を調整すると考えられています。

7月5日

睡眠は脳やカラダを休めて、明日への活力を蓄えます。よく眠ったはずなのに、何となくだるくてやる気が起きない・・・という人は、睡眠の質に問題があるのかもしれません。質の良い睡眠をとることで、朝スッキリと目覚められ、カラダや心にも良い効果があります。そこで、質の良い睡眠をとると、どのような効果があるのかご紹介します。


ストレスは睡眠にも関係します。「ストレスホルモン」であるコルチゾールは深夜から朝に向けて分泌量が急増し、起床を促すのですが、日中から夜間にまでストレスを感じていると、コルチゾールの分泌が増えて不眠になったり、睡眠の質が低下します。ストレスを抱えると、免疫力の抑制に加えて睡眠までもが阻害され、二重の意味で免疫力に悪影響を及ぼすことになるのです。

7月第1週

7月6日

質の高い睡眠をとるためには、環境づくりも大切だ。快適に眠れるように耳栓をしたり、心地よい音楽をかけたりしている人も多いのではないだろうか。


質の良い睡眠をとるためには自分にあった寝具選びが重要です。柔らかくて寝心地が良く、ぐっすり眠れると低反発マットレスを好む人も多く見られます。低反発マットレスのおすすめ商品を紹介します。


トラックドライバーにとって天敵と言えるのが日中の眠気だ。睡眠障害による交通事故に繋がれば社会的リスクも重大となる。社員の命を守り、健康起因事故を減らすためには、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のスクリーニング検査がやはり欠かせない。


エーザイ株式会社のオレキシン受容体拮抗薬「デエビゴ(R)錠 2.5mg、同錠 5mg および同錠 10mg」は、脳内で覚醒に関与するオレキシン受容体の 2 種のサブタイプに対し、オレキシンと競合的に結合する拮抗剤です。睡眠覚醒リズムを整えることで、入眠と睡眠維持および覚醒を調整すると考えられています。

7月5日

睡眠は脳やカラダを休めて、明日への活力を蓄えます。よく眠ったはずなのに、何となくだるくてやる気が起きない・・・という人は、睡眠の質に問題があるのかもしれません。質の良い睡眠をとることで、朝スッキリと目覚められ、カラダや心にも良い効果があります。


ストレスは睡眠にも関係します。「ストレスホルモン」であるコルチゾールは深夜から朝に向けて分泌量が急増し、起床を促すのですが、日中から夜間にまでストレスを感じていると、コルチゾールの分泌が増えて不眠になったり、睡眠の質が低下します。

7月4日

睡眠不足がダイエットで成功できない原因は?睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減り、新陳代謝の低下や太りやすさだけでなく、肌あれや心身の老化も招いてしまうのです。また、睡眠中には食欲抑制効果のあるホルモン「レプチン」も分泌されています。よい睡眠をとることができていれば、レプチンの分泌が高まりダイエットに効果的ですが、逆に睡眠不足では、食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌を高めてしまうことも分かっています。


クラシック×オルゴールで癒しをあたえる新タイトル「赤ちゃんが安心してぐっすり眠れる、やさしいクラシックオルゴールメドレー」。クラシックの名曲10曲を睡眠に効果的と言われているオルゴールの音色でカバー。大人も子供も癒される1枚が仕上がった。


環境の変化によるストレスが原因で、うつ症状や睡眠障害が出る前に、自分でできるcotree流メンタルケアをご紹介。

7月3日

UVカット機能つきで夏の紫外線対策としても使えるだけでなく、シルクのもつ保湿効果で睡眠時に着用すれば肌をエアコンなどの乾燥から守る「おやすみマスク」としても使える。


初めての育児は大変で、娘はベッドでは全然眠ってくれませんでした……! 睡眠を優先した私の寝かしつけの体験談です。


睡眠をしっかりとることで 体にどのような効果があるかご存知でしょうか?今日は睡眠によって得られる効果や、質の良い睡眠の取り方についてご紹介します。


暑い夏の救世主になってくれそうなのが、ユニクロのエアリズム寝具カバー。エアリズムといえばさらっとした肌触りが特徴のインナーですが、実は寝具カバーにもなっているそう。


スマートフォンから発せられる電磁波が脳波の乱れなど体に不調を起こすと警鐘を鳴らす、村上剛さんの新刊『寝るときにスマホをベッドに置いてはいけない』。寝るときにスマホを枕の横に置いて寝ていませんか? 実はこれ危険です。


しっかり眠ったはずなのに疲れがとれない……。そんな悩みを抱える中高年は、就寝する前、たとえば帰りの通勤電車や、自宅のソファでうとうとしたり居眠りすることが習慣になっているケースが多く見られます。

7月2日

自律神経が乱れてしまうと、不眠やイライラなど、心身の不調となってあらわれることがあります。パソコンやスマホを長時間見ていると眠れなくなるのは、もしかしたらこのように自律神経のバランスの乱れが原因かもしれません。


昼夜逆転した生活などから起きる「睡眠サイクル」の乱れはなぜ起こるのか?


どうやら私たちの体には、朝の目覚めを助けるアラーム機構があるようなのです。


「夜に9時間以上寝ること」、「90分を超える昼寝をすること」、そして「睡眠の質が低いこと」は、脳卒中リスクの上昇に関係する――。そんな研究結果が、中国の3万人あまりの中高年を対象に行われた観察研究で示されました。

7月1日

夜眠れない人には、その生活習慣や環境に問題があるようです。良い睡眠を得るためには、どのような努力が必要なのでしょうか?


ビジネスパーソンが健康のために今後生活に無理なく取り入れられそうと考えている手段は何かを聴取したところ、「睡眠時間を確保するようにする」(42.5%)、「質のいい睡眠をとるようにする」(36%)と「睡眠」に関するものが挙がった。食事や運動に比べて「まずは睡眠から」という意識が高いことが伺える。


仰向け派でも横向き派でもうつぶせ派でも自由なスタイルで眠れる「空調寝具 快雲SOYO 」。どんな眠りのスタイルにもフィットして、雲の上にいるようなリラックスした眠りをお届けします。


真夏はもっとも睡眠の質が下がる季節。寝苦しさによって睡眠の質が下がると免疫力にも悪影響を及ぼしますから、新型コロナに限らずさまざまな病気を招きかねません。


仕事で成果を出すためには、睡眠時間はどれぐらい取るべきなのか。米シリコンバレーでアップルやグーグルなどのコンサルティングをしているグレッグ・マキューン氏は、「一流ほど睡眠時間をたっぷりと取っている。アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏も8時間は眠る」という――。


そもそも「良質な睡眠」とはどんな睡眠を指すのでしょうか?睡眠の質を上げる鍵となるのは「光のコントロール」なのだそう。

PEGASI(ペガシ) - 光学療法を応用したスリープガジェット

PEGASI2.1 日本仕様
最新の光学療法、100%安全なLED光を照射して、朝の目覚めを確かなものにします。

グローバルで5万人が愛用する超クールなガジェットをいち早くGETしよう!